香典返しなど幅広いシーンで人気のギフトに迫る

リサーチをしよう

プレゼント

子供たちが父の日のギフトに贈りたいものと、実際にお父さんが貰って嬉しいギフトには、差があるのでしょうか。小さい頃は、肩たたき券や、お手伝い券、またはお父さんの似顔絵を書いてプレゼントした記憶がある人も少なくないのではないでしょうか。子供らしい微笑ましい思い出で、お父さんにとってもある意味一生忘れられないようなプレゼントだといえます。子供が成長して思春期や反抗期なると、照れや恥ずかしさ、また素直になれずに、父の日にギフトを贈ることをやめてしまった人もいるでしょう。しかし時が経つに連れ大人になって社会人になったとき、改めて感謝の意味を込めて、しっかりと父の日のギフトを贈るようになる人も多いはずです。貰って嬉しいギフトをリサーチして、心からお父さんが喜ぶギフトを贈るようにしましょう。例えば、お酒が飲めないお父さんに、高級なワインを贈ってもあまり意味はありません。実の父親であれば、ある程度趣味嗜好はわかりますが、離れて暮らすようになって、実際のお父さんの生活を近くで知ることができない場合もよくあります。お酒が大好きだったお父さんに、珍しい幻の日本酒を見つけて贈っても、実はお父さんは病院に通っていて、お酒を止めるようにお医者さんから言われて禁酒を始めていることもあるのです。このように、お父さんの現状をまずはしっかり把握することが大切です。そのために、一番心強いパートナーがお母さんです。お母さんは、お父さんのことをよく熟知しています。父の日ギフトでは、まずはお母さんにリサーチを始めてみることもおすすめです。